笑顔の女性と男性

便利な介護システムを活用してスムーズに介護保険請求

PICK UP

伝送ソフトの種類

介護伝送ソフトは、いくつかの種類に分かれています。それぞれの種類によって特徴があるので、どのやり方が良いか考えた上で導入するようにしましょう。無料体験版なども利用して考えると便利です。

詳細を見る

費用を把握する

介護伝送ソフトにかかる費用は、ソフトの種類や、事業所の規模やサービス形態などによっても異なります。費用を把握するのは難しいですが、ソフト費用の見積もりをとることで、ある程度の料金を知ることができます。

詳細を見る

選ぶ方法

介護伝送ソフトを選ぶ方法は様々あります。ソフトの無料体験をして選ぶこともあれば、デモンストレーションを見て選ぶこともあります。その他にも、口コミを確認してみるのも良いでしょう。

詳細を見る

システムの内容

広々している有料老人ホームだからこそ窮屈にならないのです。リラックス出来る環境が整った施設がご家族には必要です。

老人ホーム選びに困った時のお助けサイトです。日本全国の老人ホームの中から希望に合った高齢者施設を見つけだします。

介護保険制度を活用することで、サービスの利用料の1割だけが自己負担で済むのです。残りの9割は、介護保険と公費から支払われることになります。
ただ、介護保険と公費分を請求するためには、国保連に給付データを提出しなければなりません。
自治体によっては、データの提出は紙媒体で認められているところもありますが、基本的には伝送や磁気媒体で行うことになっています。
国保連に伝送するためには、介護システムを利用して給付データをCSVファイルで抽出してから、伝送専用のソフトを使用してISDN回線で送信することになっています。
このように、介護保険と公費の請求は、煩わしい作業になっているのです。

介護業務と介護給付費伝送の機能がセットになっているパッケージソフトを活用することで、1つのシステムで全ての処理をスムーズに行うことができます。
他にも、ソフトは様々ありますが、伝送機能がついていないソフトを利用してしまうと、セットになっているパッケージソフトよりも手間がかかってしまいます。
伝送専用のソフトは、国保連から提供されているソフトがあり、税込み30,000円で販売されています。
国保連の他にも、一般のメーカーから伝送専用ソフトを販売しているところも多いです。

国保連にデータを伝送したからといって、全てが終わったわけではありません。次は、伝送されたデータの決定通知が国保連から届きます。
間違いがなく確定されれば終了ですが、間違いがある場合は返戻になります。返戻になった場合は、間違いを修正して、また翌月以降に伝送する必要があります。